何を幸福と思うかなんて、人それぞれだと思いますよ
あなたはあなたの思うままに、生きていけばいいんです
あなたというカリスマは、あなた以外にありえないのだから

「例えば、」
あなたは、そういってよく私の目をじっと見ていましたね
「例えばだよ、グレミオ
 例えばオデッサさんなら、こんなバカな真似はしなかった」

例えば、オデッサさんなら
例えば、テッド君なら
例えば、テオ様なら
例えば、例えば

「言い出したらきりがないですよ、坊ちゃん」
「そうだけど、」

あなたは、そして遠くをみる
右手が痛むと、夜中に哭くあなたも
リーダーとして、皆を率いていくあなたも
こうして、思考に沈むあなたも
明日にはまた、強い眼をするあなたも

「大好きです、坊ちゃん」
「何? 急に」
「いえ、言ってみたくなっただけです」
「ふーん、言われなくてもわかってるよ」
「そうでした」

にこり、
私にはこうすることしかできなくて、
それでも一瞬、あなたの表情が優しくなるから
私はここで、こうしていればいいんだと信じる
あなたの側に、まだ必要な人間なんだと信じる

「坊ちゃん、迷った時には多い方を選ぶんです」
「どうしてさ」
「だって多い方を選んでおけば、失った少ないものを補える何かがきっと残るからです
 多い方を選んでおけば、後悔は少なくてすむからです」
失うものも、少ないのだから

「迷う必要はありませんよ」

そう、迷う必要はない
そして、嘆く必要もない
例えば誰かだったら、
例えば、自分ではなく別の誰かがリーダーだったら
そんなこと、考えるだけ無駄です
あなたがリーダーなのだから
唯一、あなただけなのだから
こんなにも輝くカリスマ
あなただから、今がある
例えば、は
あなたの前では、ありえないのだから


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス